ARCHIVE

ドックフードの選び方

日本で市販されているドッグフードはかなりの種類になっており、最近では海外のドッグフードなども多く輸入されておりますのでどのドッグフードを選んだら良いかわからない方も多いと思いますので簡単にドッグフードの選び方をおすすめします。

ドッグフードを選ぶのに最も重要なポイントは、先ずはドッグフードの原材料をチェックする事です。特に海外製のドッグフードに関しては添加物や着色料などが多く使われている物もありますので注意が必要になります。また、エトキシキンやブチルヒドロキシアニソール、ジブチルヒドロキシトルエンなどの酸化防止剤などが含まれている物は重大な病気を誘発する可能性がありますので注意が必要になります。また、愛犬には人間と同様にアレルギーを持っている犬もいますので、もしアレルギーがあるような場合には必ず確認するようにしてください。特に穀物系のアレルギーを持っている犬も増えておりますので注意が必要になります。

初めて犬と生活する方の場合には、自炊せず市販されているドッグフードの方が良いと言われています。面倒なカロリー計算であったり、犬の趣向などが初心者の方にとってかなりわかりにくい状況になっておりますので、間違いの少ないドッグフードを与えて育てる方がおすすめになります。

参考ホームページ…アレルギーに配慮した穀物を使用していないドッグフード「CANAGAN」はこちら

餌は市販?自作?

愛犬が健康的に過ごし、成長するためには食事はとても重要なポイントになっております。愛犬の食事は大きく分けて自分で作る自炊派と、市販されているドッグフードを与える購入派の2つにわける事ができます。

自炊派のメリットとしては、添加物の入っていない食事を与えられる事です。ドッグフードの中には多くの添加物が入っている物もあり、愛犬の健康を害してしまう可能性のある物も販売されております。自炊でしたら自分が調理しますのでどの食材が入っているのかをしっかりと把握する事ができます。また、アレルギーなどがある愛犬の場合には、アレルギー反応を出してしまうリスクを軽減する事も可能です。

購入派の方のメリットとしては、カロリー計算が容易だという事です。市販されているドッグフードは体重や犬種などによって与えるべき適量が表示されておりますので、表示されている内容を守ってさえいれば肥満になる確率を大幅に下げる事ができます。また、自炊される方と比べて非常に手間がかからず、その上、金銭的な負担が少ないという事も挙げる事ができます。自炊するのか、ドッグフードを購入するのかはどちらもメリットとデメリットがあります。しっかりと見比べた上で自分や愛犬にとってベストの選択をするようにしてください。

愛犬の健康は食事から

愛犬の健康を維持する為に運動はもちろん重要ですが、同じくらい重要になってくるのが食事です。犬にとって食事は生きている上で最上級の喜びのひとつでもありますので、出来れば愛犬にとっても良いと思われる物を与えてあげたいと思うのが当然だと言えます。

犬は犬食いと呼ばれる食べ方がある通り、かなり早くご飯を食べる傾向にあります。その為、お腹がいっぱいだという満腹中枢に刺激が行きわたる前にどんどんご飯を食べてしまいますので、人間の側がしっかりとコントロールをする事が重要になります。犬も人間と同様にご飯を食べすぎてしまうと肥満になってしまいますし、肥満はあらゆる病気の媒介になってしまうリスクもありますので、可愛いからといって与えすぎには注意が必要になります。

また、与える回数も重要になってきます。一度に沢山の量を与えて、一日に一回の食事で済ませるよりは、二回、三回と分けて与えた方が犬としても満足度が高くなりますし、胃や腸で消化する負担も少なくなります。もちろん仕事などが忙しいなど複数回与える事が難しいという場合には、しっかりと一日に与える量を計算に入れて、必要なだけ与えるようにし、食べたがるからといってあまり多く与えないように注意するようにしてください。

犬は健康に気を付けて

最近ではペットブームの過熱などもあり、多くの方が犬との生活を楽しんでおります。犬はしっかりと健康に気を付けて飼ってあげれば10年以上も健康でいられる種類も多いので小さい頃から犬の体調管理には気を付けたい所です。

愛犬が長い期間を健康でいられるようになるために気を付けて欲しい物の中に愛犬の運動がありまます。人間もそうなのですが健康的な生活を送るためには適度な運動は不可欠になっております。特に犬は走る事に喜びを見出す生き物ですので、毎日運動させてあげる事はとても重要なポイントになっております。ここでポイントとなってくるのが愛犬の大きさです。一般的に愛犬の大きさと散歩する距離や時間は比例されていると言われております。

その為、最近人気となっているのは一日に1時間くらいの散歩を朝と夜の二回必要なゴールデンレトリーバーやシベリアンハスキーなどの大型犬ではなく、チワワなどのあまり散歩の距離が必要のない小型犬などが人気となっております。

もちろん愛犬と長く健康的にいるためには運動以外のポイントもかなり重要になってまいります。しかし、犬に対しての知識が少ない方にとって、どのようにすれば長く健康に過ごしてくれるか想像もつかないと思います。そこでこちらのページでは、少しでも長く健康な愛犬と一緒に痛いという方にとって有益になるような情報をご紹介します。これから犬を飼おうと思っている方も、既に犬との生活を楽しんでいる方もぜひチェックしてみてください。

loading
×